盗撮発見するコツ|自分の身は自分で守るのが鉄則

男女
  1. ホーム
  2. 高齢化社会に対応した使用

高齢化社会に対応した使用

GPS

レンタルでも導入可能

gps発信機は、位置情報を示すことから携帯電話やスマートフォンを紛失した時の発見、安全のために子供の位置を把握したい親にも活用されてきました。ところが近年では、高齢化社会の影響によって、徘徊した際の高齢者発見にもgps発信機を使用するようになりました。小型のタイプが増えており、普段から身につけることが多いものにつけておくことができます。財布に挟んで置ける薄型のgps発信機や、靴のかかとにつけておけるタイプもあります。警備会社などのサービスでは、gps発信機のレンタルも行っており、必要だと感じた時にすぐ導入できるのがメリットです。高齢者が認知症になって徘徊するようになると、睡眠時間を確保できない家族も増え、介護の負担が増えるのでgps発信機に注目が集まっています。

使用方法のコツを検討

gps発信機は、電源を必要とするので、一度の充電でどの程度の期間使用できるのかを確認しましょう。仮に3時間の充電で24時間使用できるのであれば、代わりのバッテリーを購入して入れ替えて使用すると、効率よく使用できます。充電時間の長いものであれば、充電の頻度が少なくなり、手間を減らして使用できるでしょう。また、靴のかかとに入れておくgps発信機を使用する場合、他の靴を履いて外出してしまうとせっかくの効果が得られないので、玄関に置いておく靴を減らすなどの工夫が求められます。年齢とともに、持ち歩くものが変わったり、忘れてしまうことが増えるので傾向を踏まえてgps発信機を持ち歩けるようにするのもコツです。

このエントリーをはてなブックマークに追加